ジョージ・レナード『達人のサイエンス―真の自己成長のために』

スキル習得にはかならず「プラトー期」、つまり、全く伸びなくなったと感じる時が来る。だから、そこをいかにやり過ごせるかが鍵になる。プラトー期にも、結果や目標よりプロセスに意識を向けて、ひたすらやり続けたり、楽しむ方法を見つけることで、「達人」になっていく。そんなことを教えてくれた本です。ほんとに、若い頃に出会いたかった本です。



アンジェラ・ダックワース『やり抜く力』

情熱と持続。。。TEDTalkもおすすめです。彼女を見ているだけで元気になります。





キャロル・S・ドゥエック『マインドセット:「やればできる!」の研究』

人間の能力は生まれたときに決まっていて変わることはないと無意識のうちに信じてしまっているあなたに。。。この方もTED talkがあります。