2030SDGsという楽しいカードゲームの会を拙宅で開催することになりました。お近くにお住まいの方でご関心がある方がいらっしゃいましたらメッセンジャーやタイムライン書き込みでご連絡いただければ幸いです。
 
主催する資格をもったファシリテーターの数が増えるにつれ、都心では多くの場所で開催されるようになってきているイベントなのですが、多摩以西ではほとんど提供されていないので、まずは拙宅で開催して青梅のみなさんにも体験していただければなと思った次第です。。
 
詳細は掲示してありますリンク先でご覧いただければ幸いです。17日(土)と24日(土)の2日程あります(同一内容です)。
 
どんなゲームなのかはこちらでご覧いただけます。
 
会場(拙宅)はこんな感じです。
 
SDGs(持続的開発目標)は、2015年に国連総会で全会一致で採択されたもので、云々・・・というと難しく聞こえますが、難しいことはさておき、ゲーム(とその前後の説明や振り返り)を楽しむことを通じて、いろいろなことを考えるきっかけになればということで開発された楽しいゲームです。特に、今回の会は食べたり飲んだり散策したりしつつ、のんびり親睦を深めながらやるものですので、ぜひお気軽にご参加いただき、楽しい時間をすごしていただければと思っておいります。
 
なお、最少催行人数(5人)が集まらないとゲームはできませんが、その場合でも拙宅をオープンハウスで飲んだり食べたりにしますので、よろしければどうぞ。わが家にはほぼ一年中、外国人旅行客やら卒業生やらが泊まりに来ており、賑やかにやっておりますので、お気軽にお越し下さい。
 
場所は石神前駅徒歩6分です。車数台まで駐車可能(応相談)。
 
三竹直哉(みたけなおや)
イマココラボ2030SDGs公認ファシリテーター
駒澤大学法学部政治学科 准教授(比較政治学・国際社会入門担当)
 
——–
SDGsは、地球環境を維持しつつ、すべての人が人間らしく生きていける世界をみんなで作っていこうと各国が合意した目標ですので、期限の2030年までにSDGsという言葉やこのロゴはどんどん目にする機会が増えると思います。経団連が企業憲章に取り入れて以来、企業が急速にSDGsに沿った企業活動を展開し始めています。国からおりてきているので、学校の社会科等では定番のテーマになりつつあります。